1

時間軸で考えるキルの取り方@FEZ その2

脳内にまだまだ色々な考えがあったので、
続きで書きだしちゃいます。

両手/大剣ウォリで考えると
1ゲージ目はやっぱり全体的にHPが高いので、キルに持ってきにくいので、
かなり味方を見て、プレイする。
→片手べったりでもいいくらい。
メインはストスマ、スマ、ヘビスマで丁寧にいくかんじ。
1本目終了時のコスト目安は90

2ゲージ目は前のエントリーのようにかなり抑え目にする。
敵もHPがそれなりにあって、かつ裏終わった人などが参戦して、
一番火力も高い時間帯なので、
被弾を減らし、3ゲージ目の備える。
メインはフォースなど、1ゲージ目、3ゲージ目でギリいけそうなスキには乗らない。
2本目終了時のコスト目安は60

3ゲージ目は勝負!
積極的に突っ込んで、ランペ、ヘビスマなどなどを打ち込んでいく。
一旦下がる場合もコストを余らせておいた分をガンガンレアステ、パンなどで消費して
前線滞在時間を延ばす。
戦戦争終了時にコスト0にするのが理想

短剣で考えると
1ゲージ目はパニがかなり大変(瀕死がいないし、集中力も高いのでハイドサーチも高め)
なので、ゆっくりやる。まあ時間はたっぷりあるので、ゆっくりちょうどいいエサを見つける。
このタイミングで、カモなサラ、無エンチャさんなどをリサーチする。

2ゲージ目は一番パニしにくい。なので、ブレイク中心にするとか
安全目なプレイを心がける。最奥で闇スタートは厳禁。
1ゲージ目でリサーチしたカモを中心にキルをとってく。

3ゲージ目でスパート!
前線の平均HPの少ない部分を狙って、がんがんパニってく。
ぎりぎりキルできないなと思ってもパニ突っ込んでガドまでいれて、通常で殺しきる勢いで。
対象はいけそうなの全員。えり好みはしない。

こんな感じかな。
やっぱり脳内。

1

時間軸で考えるキルの取り方@FEZ

なんか大層なタイトルですが、
今のキャラ100戦くらいしかしてないので平均キル14と異常に高いのですが、
これを最終的に10くらいには維持したいなって思って、
色々考えてた過程のメモです。

で戦場の優劣がありますが、ごく平均的な戦場であると仮定したときに
一番時間が長いのが、ゲージ1本目
その次がゲージ2本目
一番短いのがゲージ3本目です。
これは1,2本目の差は単純に領域の問題、
2,3本目の差はキルの差です。

この3本目のキルの差っていうのは
3本目になると、
・コストがつらい人が出てくる
 →なるだけレアステとか温存したいのでHPが低い状態が長い>キルしやすい
 →コストがつらいから死んでしまおう>無理やり特攻>キルしやすい
 →ギリギリまで戦ってあとはクリ回復で戦争終了までやりすごす>キルしやすい

・長い間前線にいるので、前線全体の平均HPが低くなっている
 →それだけでもキルチャンスは1本目より多い
 →瀕死なので、バッシュに対する追撃を躊躇する場面が出てくる→デッドしにくい
 →そもそも圧力が弱まる→デッドしにくい

と3本目がかなり重要です。

とここまで考えてから、
10キルをどういう時間軸でとっていくかを考えると

1本目:3キル
2本目:2キル
3本目:5キル

みたいな感じがバランスよいのかな。

20キル30キルしたことある人はわかるとおもいますが、
最初超のりのり>10キルくらいする
2ゲージ目>停滞
3ゲージ目>またスイッチがはいって一気に10キルくらいする

みたいな感じなことが多いと思うんですが、
それと同じように
1ゲージ目はがんばらないで、時間が長いのをいいことにゆっくりキルする
2ゲージ目はそれこそ3ゲージ目の勝負にむけて、無駄なデッド、コストを使わないようにする
3ゲージ目で一気にスイッチいれて、死なないようにレアステもガンガンつかって攻めていく

みたいな感じがいいんじゃないかな。

全部脳内ですが。
とりあえず今日から実践してみます。